SGP1シンガポール

シンガポールにAirTrunkのハイパースケールプラットフォームが登場
シンガポール最大(メガワット単位)のハイパースケールデータセンターへようこそ

主な特徴

  • 所在地

    チャンギノース・ケーブルランディング・ステーションに近いシンガポールのロヤンに位置

  • 容量

    複数総合施設の合計容量が60 + MWのハイパースケールキャンパス

  • 設置規模

    1.5haの敷地には、20,000m2のテクニカルデータホールエリア、4000m2のオフィスおよびストレージエリア、18のデータホールを完備

  • キャリアニュートラル

    複数の進入経路を持つキャリアニュートラル

  • 電源

    66KVの多様性高電圧給電

  • 効率

    間接蒸発冷却(IEC)の市場初の使用によって提供される1.2-1.35の設計PUE

  • 信頼性

    業界をリードするSLAに裏打ちされた100%の可用性

  • 速度

    需要に合わせた迅速な展開

  • 認定

    最高のセキュリティと品質を実現する設計:TVRA、PCI DSS、ISO:27001、SOC 2 Type II、BCA Green Mark Platinum

SGP1のバーチャルツアーを体験

クラウドとシンガポールの融合

AirTrunk SGP1開設までの動画を

ご覧ください

最近の発表

Asia-Pacific cloud goes sky high as AirTrunk opens Singapore and Hong Kong data centres.

ローカルパートナーシップ

StarHub provides world class data centre hosting and colocation services in AirTrunk’s SGP1 facility.